脱毛後汗の量が増えるのはなぜでしょう

わき下の脱毛をすると、ひどく汗の量が増えたように感じるものです。しかしこれは、別に量が増えたわけではありません。

今まで体毛があった時には、それに絡め取られていた汗が、体毛がなくなってダイレクトに流れるようになったため、量が増えたように感じるだけなのです。このような場合は制汗剤、あるいはパッドなどを使って対処するのがお勧めです。また、あまり気にするとよけいひどくなりますので、できるだけ忘れるようにしましょう。

また、やはりわき下の脱毛後に、臭いがきつくなったという人もいます。これは毛穴に皮脂、あるいは垢などがたまって酸化するため、臭いがきつくなったように感じられるのです。

わきの下は、特に脱毛後は常に清潔にするようにしましょう。そのままにしておくと、毛穴から細菌が入って、毛嚢炎を起こすこともあります。毛嚢炎はおできの一種で、軽い痛みがあります。

そのままでも治ることがありますが、気になる時は皮膚科へ行きましょう。それから脱毛後の汗があまりに多い時も、皮膚科で治療を受けることができます。

この場合はボトックス注射をしてもらえます。ボトックスを注射すると、神経伝達物質であるアセチルコリンの分泌が抑制され、その結果汗が出にくくなります。ただし量が多いうえに、他の症状、たとえばひどく喉が渇くとか、あるいは内出血があるなどという場合は、糖尿病や白血病などの疑いもありますので、このような時には、まず内科を受診するようにしましょう。