脱毛するなら保湿が大切

人間の体は、約60パーセントも水分があります。肌にも、60パーセントの水分量が理想なのですが、乾燥肌や敏感肌の人、日ごろお手入れを簡単に済ませている人などは、水分量が低いことが多く、肌がかさついたり、乾燥でかゆみが出たりすることがあります。サロンで脱毛するときに、肌が乾燥していると、皮膚が硬くなって毛根に光が届きにくくなると言われています。

また、乾燥していると痛みを感じやすくなってしまうため脱毛するなら保湿がとても大切なのです。肌が潤っていると、脱毛に使う光が肌を通りやすいため効果が上がり、痛みも軽減できるというメリットがあります。

肌の水分量がとても少ない場合、せっかく予約をしたのに、施術を断られてしまうことがあります。光を照射するときには、毛根部分で熱が発生するので、肌の水分量が不足していると、めったにあることではありませんが、肌が熱を持ちやすくなり、火傷をする危険性が出てきてしまうので、施術ができないことがあるという訳です。脱毛をするときには、施術の前にも後にも保湿をしっかりしておくことが大切です。

脱毛後の肌は、瞬間的に生じた熱で乾燥してしまうことがあります。サロンやクリニックでは施術の後に、保湿性が高いローションやジェル、クリームをたっぷり縫って保湿してくれることが多く、乾燥がおさまりしっとりとした肌触りの肌になるので、楽しみにしている人も多いのですが、自宅に帰ってからも刺激が少ない乳液やクリームなどで、保湿ケアをすることをおすすめします。